イラストのオンライン教室「CLASS101」→ CLICK!

【低価格】安さが人気のペンタブXP-PENは使える?全製品の特徴や魅力を徹底解説!

  • URLをコピーしました!

「XP-PENはなぜ人気があるの?」「安いのは分かるけど、ちゃんと使える?」など、ペンタブを購入する際にXP-PENが気になっている方も多いのではないでしょうか?

長年Wacom(ワコム)一強が続いていたペンタブ業界で、着実にシェアを拡大しているXP-PEN。

2021年にはシェア率11%を記録し、常にシェア90%を維持していたWacomに割り込みました。

そこで今回の記事では、XP-PEN製品の特徴や魅力を徹底解説します!

目次

XP-PENペンタブの魅力は?他社の製品とどこが違うの?

モデルによってスペックに幅があるXP-PENですが、すべての製品に共通する強みは「安さ」です。

Wacomのペンタブが3万円前後であるのに対し、XP-PENのペンタブは1万円以下から購入できます。

他にも安さを売りにしている中華メーカーやハイエンドと呼ばれる製品はありますが、読み取り速度や色域率に問題があることがほとんど。

その点XP-PENのペンタブは、全体的に金額に対して性能が高いのが特徴です。

「安さ重視でできる限り性能が高く機能が充実したものを……」という方にはXP-PENのペンタブをおすすめします!

XP-PENの液タブ(液晶ペンタブレット)シリーズごとの特徴

XP-PENの液タブは、筆圧感知レベルがすべて8192です。

Artist、Artist Pro、inverterの3シリーズが存在しており、製品名の数字はインチ数を表しています。

以下、詳しく見ていきましょう!

Artistシリーズ

Artistシリーズはとにかく安さ重視で液タブを試してみたい方におすすめです。

機能面ではほかのシリーズに劣るものの、後に発売されたセカンドモデルにはすべて傾き検知機能搭載、フルラミネーション加工が施されています。

Artist 10セカンド

製品名Artist 10セカンド
液晶解像度1920×1080
色域率NTSC85%、sRGB120%、AdobeRGB88%
反応速度200RPS
ショートカットキーの数6

コンパクトなミニサイズで持ち運びに便利。

カバンにも問題なく収まるので外出先でイラストを描きたい方におすすめです。

傾き検知機能があるので強弱や濃淡のある線を描くこともできます。

Artist 12セカンド/16セカンド

Artist 12セカンド
Artist 16セカンド
製品名Artist 12セカンド/16セカンド
液晶解像度1920×1080
色域率NTSC90%、sRGB127%、AdobeRGB94%
応答速度25ms
反応速度200RPS
ショートカットキーの数8

Artist12セカンドとArtist16セカンドは、サイズが違うだけでその他のスペックはほとんど同じです。

色域率はAdobeRGB94%と、Wacomの上位モデルと並ぶほど高くなっています。

Artist 13セカンド

製品名Artist 13セカンド
液晶解像度1920×1080
色域率NTSC92%、sRGB130%、AdobeRGB96%
応答速度25ms
反応速度200RPS
ショートカットキーの数9

Artist12セカンド/16セカンドと比べて色域率が高く、より深みのある色が出せます。

小型のPC程度のサイズ感で、大きすぎず小さすぎず使い勝手がいいです。

Artist 22セカンド

製品名Artist 22セカンド
液晶解像度1920×1080
色域率NTSC86%、sRGB≧122%、AdobeRGB≧96%
応答速度14ms
反応速度220RPS
ショートカットキーの数5

色域率は13セカンドに劣るものの、応答速度14ms、反応速度220RPSはWacomの高品質製品と比べても遜色ないレベルの高数値です。

タイムラグを少なくしたい方におすすめします。

Artist 24

製品名Artist 24
液晶解像度2560×1440
色域率NTSC90%、sRGB127%、AdobeRGB94%
応答速度14ms
反応速度220RPS
ショートカットキーの数5

23.8インチの大画面なのでディティールまでしっかりと描き込みたい方におすすめです。

セカンドモデルではありませんが、フルラミネーション加工と傾き検知機能も搭載しています。

Artist Proシリーズ

Artist Proシリーズは簡単に言えばArtistシリーズの上位互換です。

Artistシリーズよりも金額が高めですが、その分性能が高く機能も充実しています。

Artist Pro 16

製品名Artist Pro 16
液晶解像度1920×1080
色域率AdobeRGB92%
応答速度14ms
反応速度266RPS
ショートカットキーの数8
傾き検知機能の有無
フルラミネーション加工の有無

応答速度14msに加えて反応速度266RPS、色域率92%とかなりハイスペックなモデルですが、傾き検知機能なしとフルラミネーション加工なしがネックになっている印象。

傾き検知機能が不要という方には最適なモデルです。

Artist Pro 16TP

製品名Artist Pro 16TP
液晶解像度3840×2160
色域率NTSC88%、sRGB124%、AdobeRGB92%
応答速度25ms
反応速度220RPS
ショートカットキーの数5
傾き検知機能の有無有(±60°)
フルラミネーション加工の有無

色域率の高さや液晶解像度の高さが魅力。

応答速度は16と比べると劣りますが、こちらは傾き検知機能とフルラミネーション加工があります。

どちらを重視するかで選ぶといいでしょう。

Artist 13.3 Pro

製品名Artist 13.3 Pro
液晶解像度1920×1080
色域率NTSC88%、sRGB123%、AdobeRGB91.27%
応答速度14ms
反応速度220RPS
ショートカットキーの数8個
傾き検知機能の有無有(±60°)
フルラミネーション加工の有無

傾き検知機能とフルラミネーション加工あり&応答速度14msで、16と16TPのいいとこ取りモデル。

総合的に見てArtist Proシリーズの中ではもっともおすすめです。

Artist 12 Pro

製品名Artist 12 Pro
液晶解像度1920×1080
色域率NTSC69%、sRGB100%、AdobeRGB72%
応答速度25ms
反応速度220RPS/200RPS
ショートカットキーの数8個
傾き検知機能の有無有(±60°)
フルラミネーション加工の有無

色域率がやや低めなのが難点。

フルラミネーション加工と傾き検知機能搭載なのでアナログに近い感覚でイラストを描くことができます。

Artist 24 Pro/22R Pro

Artist 24 Pro
製品名Artist 24 Pro/22R Pro
液晶解像度2560×1440/1920×1080
色域率NTSC84%、sRGB118%、AdobeRGB90%/NTSC88%、sRGB120%、AdobeRGB90%
応答速度14ms
反応速度220RPS/200RPS
ショートカットキーの数20
傾き検知機能の有無
フルラミネーション加工の有無

Artist 24 ProとArtist 22R Proは、ともに傾き検知機能とフルラミネーション加工はありませんが、ショートカットキーの数が多く操作性に優れています。

画面も大きいため使いやすさや操作性重視の方におすすめです。

inverterシリーズ(inverter16)

製品名inverter16
液晶解像度1920×1080
色域率NTSC88%、sRGB125%、AdobeRGB92%
応答速度16.4ms
反応速度220RPS
ショートカットキーの数8
傾き検知機能の有無有(±60°)
フルラミネーション加工の有無

inverterシリーズのラインナップは、現時点ではinverter16のみです。

傾き検知機能・フルラミネーション加工搭載とフルスペックな上、応答速度や読取速度、色域率も優れています。

XP-PENの板タブ(板型ペンタブレット)シリーズごとの特徴

XP-PENの板タブには、Decoシリーズ、Deco Funシリーズ、Deco Proシリーズ、Starシリーズの3つがあります。

液タブと同様、筆圧感知レベルはすべて最高値の8192です。

以下、詳しく見ていきます。

Decoシリーズ

Deco M,MW/L,LW

製品名Deco M,MW/L,LW
サイズ259.8/157.8×8.8mm/315×187×8.75mm
反応速度200RPS
傾き検知機能の有無

4色のカラー展開が可愛く人気のシリーズ。

厚みが少なくスリムなので作業がしやすいです。

MW/LWはBluetoothに接続できます。

Deco mini4/ mini7,mini7W

 

製品名Deco mini4/ mini7,mini7W
サイズ178.2×125×8mm/260.2×162.2×9.3mm
反応速度220RPS

コンパクトながら、Deco M,MW/L,LWと比べて反応速度がやや速いのが特徴。

mini4は6個、mini7とmini7Wは8個のショートカットキーが自由にカスタマイズできて操作性も抜群です。

mini7WはBluetoothに接続可能です。

Deco Proシリーズ(Deco Pro S,SW/M,MW)

製品名Deco Pro S,SW/M,MW
サイズ350.8×199.5×16.5mm/399.7×227×16.5mm
反応速度S,M 200RPS/SW,MW 220RPS
傾き検知機能の有無

WindowsだけでなくAndroidでも使えるシリーズです。

反応速度は普通~やや速めといったところですが、傾き検知機能搭載なのでよりアナログに近い表現ができるのがメリット。

Deco Funシリーズ(Deco Fun XS/S/L)

製品名Deco Fun XS/S/L
サイズXS182.4×134.7×10.5mm
サイズS210.5×159.8×12.9mm
サイズL315×222.9×12.5mm
反応速度220RPS
傾き検知機能の有無無/有/有

ミニサイズのXSは驚異の2,980円!
XSのみ傾き検知機能がありませんが、共通して筆圧感知レベルが8192なので十分強弱のある線が描けます。

イラストを描くだけでなく、仕事やゲームにも使えるマルチモデルです。

Starシリーズ

Starシリーズの板タブは価格的にも安く小さめのサイズが多いのが特徴です。

基本的に傾き検知機能はありません。

Star G430S/G640S

 

製品名Star G640
サイズ130×107×2mm/259×160×9mm
反応速度266RPS

反応速度が266RPSととにかく速いのが特徴です。

傾き検知機能が不要のペンタブをお探しの方にはStar G430SとG640Sをおすすめします!

Star G640

 

製品名Star G640
サイズ190×162×8mm
反応速度251RPS

Star G640はスタイリッシュなデザインが魅力的な板タブです。

厚さはわずか2mmと非常にスリム。

利き手にかかわらず使いやすい仕様なので、左利きの方にもおすすめです。

Star G960/G960S/G960S Plus

 

製品名Star G960/G960S/G960S Plus
サイズ319.5×209.5×10mm
反応速度130RPS/220RPS/220RPS

G960、G960S、G960S Plusのサイズはすべて同じです。

G960のみ反応速度が130RPSと低く、タイムラグが気になるかもしれません。

G960SとG960S Plusは反応速度も問題なく、Starシリーズの中で唯一傾き検知機能があります。

Star 06

 

XPRICE楽天市場店
¥5,383 (2023/01/28 19:53時点 | 楽天市場調べ)
製品名Star 06
サイズ354×220×9.9mm
反応速度266RPS

ワイヤレスとUSB、どちらでも接続できる板タブです。

反応速度も速く、タイムラグを感じにくくなっています。

[まとめ]安さ重視で性能も高いペンタブならXP-PENがおすすめ!

ここまで、XP-PEN製品の魅力や特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

安価なペンタブの中でも群を抜いて性能が高いことがお分かりいただけたかと思います。

モデルによってもスペックに幅があるので、自分が重視したいポイントを絞ってから探すといいでしょう。

「限られた金額でできる限り性能が高く機能が充実したものがほしい!」という方は、ぜひXP-PENのペンタブを購入してみてくださいね!

あわせて読みたい
【ダイソー便利グッズ】ペンタブレット収納方法 【大きくてスペースを取るペンタブレットの収納方法】 液タブ(液晶ペンタブレット)か板タブ(ペンタブレット)かレンタルしたりしながら悩み抜き購入したWacomのintou...
あわせて読みたい
【絵師におすすめ】Wacomペンタブレットをレンタルして試した話【レンティオ】 「ペンタブレットはどれがいいの?」「液タブをレンタルできない?」 デジタルイラストを描く人にとってペンタブ選び、液タブ選びは慎重にしたいですよね。 私も液タブ...
あわせて読みたい
スマホ(ibisPaint)でイラスト描くときにおすすめなペンタブレット【XP-PEN】 スマホのアイビスペイントでイラストを描いている有名絵師さんを見かけることはありませんか? 最近ではスマホでもペンタブを接続して描けるようになりました。 パソコ...

\ よろしければポチッとお願いします♡ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次