イラストのオンライン教室「CLASS101」→ CLICK!

ゴッホを題材にした小説!おすすめ5選で名画家の魅力に浸ろう

  • URLをコピーしました!

ゴッホは、その独自の画風と生涯にわたる苦闘を経て、世界的な画家として名高い存在です。

そんな彼の人生や作品に魅了され、さまざまな作家たちによって小説が生み出されています。

今回の記事では、ゴッホを題材とした小説の中から特におすすめの5作品をピックアップしてご紹介します。

この機会に、ゴッホの魅力を再発見し、彼の情熱に触れながら美しい物語に浸りましょう。

目次

1. はじめに

原田マハのゴッホに関する小説のおすすめ作品を紹介します。

原田マハさんは美術に関する物語を得意とし、その中でもゴッホに焦点を当てた作品が人気です。

本記事では、ゴッホをテーマにした小説を中心に、原田マハの作品を紹介していきます。

原田マハさんの作品は幅広いジャンルがありますが、美術に興味がない方でも楽しめる作品も多くあります。

彼女の描写は繊細であり、ゴッホの作品や生涯に寄り添った作品が多数存在します。

この記事では、まずゴッホをテーマにしたおすすめの小説をご紹介します。

その後、他の原田マハのゴッホ関連作品についても触れていきます。

原田マハの作品に触れてみることで、彼女が描く魅力あふれる世界を体験してみましょう。

あわせて読みたい
【絵画のサブスク】名画が月1届くGOOD ART LIFE(グッドアートライフ)|実際に体験してみた口コミ・レ... GOOD ART LIFEは、株式会社シエロアスールから提供される名画の定期便サービスです。 気軽に誰でも知ってる名画を利用できるため、アートが好きは気になっている方も多...

原田マハのゴッホ小説おすすめ:『たゆたえども沈まず』

著:原田マハ
¥706 (2024/06/19 00:44時点 | Amazon調べ)

『たゆたえども沈まず』は、原田マハさんがゴッホについて描いたおすすめの小説です。

この作品は、アート小説の最高傑作と言われており、原田マハさんの代表作の一つでもあります。

2.1 手紙から生まれた物語

ゴッホと日本人画商・林忠正の出会いが描かれる本作は、1886年のパリが舞台です。彼らは手紙を通じて交流し、長い友情へと繋がります。ゴッホと忠正の兄弟愛や、ゴッホの苦悩や喪失が物語に描かれており、読者の心を打つ作品となっています。

2.2 ゴッホの壮絶な生き様が描かれる

『たゆたえども沈まず』では、ゴッホの生涯における苦悩や喜びが綿密に描かれています。彼の独自の画風や視点、心の葛藤が丹念に描かれ、彼の内面に迫る作品となっています。ゴッホが直面した孤独や社会からの理解の欠如、精神的な苦悩といった要素が丁寧に描写されており、彼の壮絶な生き様を垣間見ることができます。

2.3 アートと人間の情熱を感じる

原田マハさんが描くゴッホの物語は、彼の芸術への情熱や創作意欲を強く感じさせます。ゴッホは絵画を通じて自己表現をし、その作品に込められた感情やメッセージを読者に伝えることに成功しています。読者は、ゴッホの苦悩や情熱、そしてアートに対する深い愛情を共有することができるでしょう。

2.4 アート小説の最高傑作として高く評価されている

『たゆたえども沈まず』はアート小説の最高傑作と称される作品です。その緻密なストーリー展開や文学的な表現力、キャラクターたちの心の動きが高く評価されています。この作品は文学賞の本屋大賞にもノミネートされるなど、その優れたクオリティが認められた作品であり、ゴッホやアートに興味がある方には特におすすめです。

『たゆたえども沈まず』は、原田マハさんが描くゴッホの物語を通じて、芸術と人間の情熱を感じられる作品です。彼の苦悩や喪失、友情や兄弟愛などが繊細に描かれており、読者の心に深い感銘を与えること間違いありません。アートやゴッホに興味がある方は、ぜひ手に取ってみてください。

原田マハのゴッホ小説おすすめ:『ゴッホのあしあと』

著:原田マハ
¥471 (2024/06/15 14:13時点 | Amazon調べ)

『ゴッホのあしあと』は、原田マハがゴッホについて描いた作品の中でもおすすめの一冊です

この小説では、ゴッホの足跡をたどりながら、彼の死の秘密に迫っていきます。

あらすじ

『ゴッホのあしあと』は、ゴッホの最後の日々を取材したとされる新聞記者の視点から描かれています。

彼はゴッホの死の真相に興味を持ち、その背後に隠された秘密を解き明かすために奔走します。

物語は、ゴッホの最後の居場所であるアルルにて始まります。新聞記者は、ゴッホの友人や家族、その他の関係者と接触し、彼の最後の日々についての証言を集めます。

彼はゴッホの死の原因や、彼が描き残した絵画に込められたメッセージを解き明かすために、様々な情報を手に入れようとします。

登場人物

『ゴッホのあしあと』には、以下のような多くの登場人物が登場します。 – ゴッホ:天才画家であり、物語の中心人物。彼の絵画や生い立ちには謎が多く、その秘密に迫ることが物語の目的となります。 – 新聞記者:ゴッホの死の真相を追っている記者。彼はゴッホの足跡をたどり、彼の死に隠された謎を解き明かすために奮闘します。 – ゴッホの友人や家族:ゴッホに関わりのある人々。彼らの証言や思い出が、ゴッホの人物像や死の真相に関する謎解きに役立ちます。

魅力

『ゴッホのあしあと』の魅力の一つは、ゴッホの人物像や死の真相に対する謎解き要素です。

新聞記者が彼の足跡をたどり、様々な証言や情報を集める過程で、読者も一緒に謎解きを楽しむことができます。

また、ゴッホの生涯や絵画についての詳細な描写も魅力の一つです。

原田マハがゴッホの作品や彼の時代背景について緻密に研究し、リアルな描写で読者に伝えています。

このような詳細な描写が、ゴッホの魅力や彼の絵画への情熱をより深く理解し、感じることができます。

読む順番とおすすめ度

『ゴッホのあしあと』は、『たゆたえども沈まず』の取材本のような側面もあるため、まずは『たゆたえども沈まず』を先に読むことをおすすめします。

その後、『ゴッホのあしあと』を読むことで、より深くゴッホについて理解することができます。

また、『リボルバー』は『ゴッホのあしあと』の後に出版されていますが、ある程度の知識があれば読むことができます。

そのため、知識が十分である方は、以下の順番で読むこともおすすめです。

  1. たゆたえども沈まず
  2. リボルバー
  3. ゴッホのあしあと

ただし、これはあくまで個人的な意見であり、読者の好みや状況によって異なる場合もあります。自分に合った順番で楽しむことをおすすめします。

以上が、原田マハのゴッホ小説おすすめの一冊『ゴッホのあしあと』の紹介です。ゴッホの人間像や死の真相に迫るこの小説は、ゴッホファンやアート好きな方には必読の一冊と言えるでしょう。ぜひ手に取ってお楽しみください。

原田マハのゴッホ小説おすすめ:『リボルバー』

著:原田マハ
¥631 (2024/06/19 00:44時点 | Amazon調べ)

原田マハさんの『リボルバー』は、ゴッホ関連の長編小説です。

舞台化もされ、2021年に話題となりました。

作品の概要

物語は美術史の修士号を持つ主人公、高遠冴の視点で展開されます。

冴はゴッホとゴーギャンの関係性や、ゴッホの自殺の真相を探るために奮闘します。

ある日、冴のもとに錆びたリボルバーが持ち込まれます。

それは「ゴッホの自殺に使用された」という噂のある銃でした。

冴はこのリボルバーを巡る調査を通じて、ゴーギャンとゴッホの「秘密」にたどり着くことになります。

特徴

『リボルバー』は、ゴッホの自殺に関するミステリー要素が強い作品です。

原田マハさんの得意とするアートマーケットや美術に関する知識を感じることができます。

また、比較美術史の要素も盛り込まれています。

作中ではリボルバーの真贋を巡る調査の中で、もう1つのリボルバーにも触れられています。

この小説は原田マハさんの作品なのでフィクションではありますが、ノンフィクションのようなリアリティも感じられます。

さらに、ゴッホの代表作である「ひまわり」が表紙に使用されており、ゴッホファンにはたまらない一冊です。

読む順番

『リボルバー』は、原田マハさんのゴッホ関連の小説シリーズの中で3冊目に出版された作品です。

『たゆたえども沈まず』、『ゴッホのあしあと』に続いて読むことをおすすめします。

ただし、「ゴッホのあしあと」の後に出版された作品ですので、内容的には問題なく読めると思われます。

『リボルバー』は、ゴッホとゴーギャンの関係について一定程度の知識がある方がより楽しめると言われています。

もし、ゴッホについての知識が十分だと感じる場合は、『たゆたえども沈まず』と『リボルバー』を先に読み、「ゴッホのあしあと」を最後に読むのも良いでしょう。

まとめ

『リボルバー』は、原田マハさんによるゴッホ関連の作品で、ゴッホの自殺の謎を解き明かすミステリー作品として注目されています。

ゴッホの自殺に興味がある方やアートマーケットにも興味がある方には特におすすめの一冊です。

ゴッホの作品や人生に魅了され、彼が描く世界に思いを馳せることができます。

ぜひ、原田マハさんのゴッホ小説シリーズを読んでみてください。

5. その他の原田マハのゴッホ関連作品

原田マハさんは、ゴッホについて書いた小説以外にも、いくつかの関連作品を発表しています。

以下に、その他の原田マハのゴッホ関連作品をご紹介します。

1) 『フーテンのマハ』

著:原田マハ
¥550 (2024/06/15 14:13時点 | Amazon調べ)

この作品は、原田マハさんの代表作の一つであり、幅広いテーマを扱っています。

ゴッホに限らず、ピカソやルソーなどの著名画家をテーマにしたフィクション作品も収録されています。

美術に興味がある方や、原田マハさんの作品を幅広く楽しみたい方におすすめの一冊です。

2) 『総理の夫』

著:原田 マハ
¥792 (2024/06/15 14:13時点 | Amazon調べ)

この作品は、原田マハさんが美食と旅行をテーマにしたエンターテイメント小説です。

ゴッホに関連する内容ではありませんが、原田マハさんの作品の中で異色の一冊となっています。

旅行や美食が好きな方におすすめです。

3) 『フェルメールの帽子』

著:ティモシー・ブルック, 翻訳:本野 英一
¥1,263 (2023/12/09 17:30時点 | Amazon調べ)

この作品は、原田マハさんがフェルメールという画家をテーマにした小説です。

ゴッホとは異なる時代の画家ですが、美術を愛する原田マハさんが描くフェルメールの生涯や作品について、興味深いストーリーとして展開されています。

以上が、その他の原田マハのゴッホ関連作品です。ゴッホ以外の著名画家や美食、旅行についても原田マハさんが魅力的なストーリーを展開していますので、ぜひこちらの作品もお楽しみください。それぞれの作品には原田マハさんの独自の世界観や洞察力が込められており、幅広い読者層に楽しんでいただけると思います。

まとめ

原田マハさんのゴッホを題材とした小説は、ゴッホの生涯や絵画に迫る魅力的な作品が揃っています。

特におすすめの作品は『たゆたえども沈まず』、『ゴッホのあしあと』、『リボルバー』です。

『たゆたえども沈まず』はアート小説の最高傑作とされ、ゴッホの苦悩や喪失、絵画への情熱を感じることができます。

『ゴッホのあしあと』はゴッホの死の秘密に迫るミステリー要素があり、知識を深めるには『たゆたえども沈まず』を先に読むことをおすすめします。

『リボルバー』はゴッホの自殺の真相をめぐる物語であり、アートマーケットや美術に興味がある方におすすめです。

また、ゴッホ以外の著名画家や美食、旅行に関する作品もあり、幅広い読者層に楽しんでいただけると思います。

原田マハの小説を通じて、ゴッホの世界に触れてみてください。

あわせて読みたい
【絵画のサブスク】名画が月1届くGOOD ART LIFE(グッドアートライフ)|実際に体験してみた口コミ・レ... GOOD ART LIFEは、株式会社シエロアスールから提供される名画の定期便サービスです。 気軽に誰でも知ってる名画を利用できるため、アートが好きは気になっている方も多...

よくある質問

Q1:原田マハのゴッホ小説を読む順番はありますか?

『たゆたえども沈まず』を先に読むことをおすすめします。

その後、『リボルバー』を読むことで、より深くゴッホについて理解することができますよ。

どちらも面白くて一気読みしちゃいました!

Q2:『リボルバー』はゴッホの自殺に関する要素がありますか?

『リボルバー』はゴッホの自殺に関するミステリー要素が強い作品です。

原田マハさんの得意とするアートマーケットや美術に関する知識を感じることができて、ミステリー小説としても面白い一冊です。

Q3:ゴッホ以外の著名画家を扱った原田マハの作品はありますか?

原田マハさんは様々な画家をテーマにしたフィクション作品を執筆しています。

ピカソやルソーなどの著名画家をテーマにした作品もおすすめです。

また、『風神雷神』では日本の画家も扱っています。

Q4:原田マハの作品はどんな人におすすめですか?

原田マハのゴッホ小説は、ゴッホのファンやアート好きな方に特におすすめです。

ゴッホの人生や作品に興味がある方は、ぜひ手に取って楽しんでみてください。

また、映画化で話題となった、『総理の夫』もおすすめです。

\ よろしければポチッとお願いします♡ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次